デラtter

俺が5年後みてほっこりするブログ

自己家畜化論

人間の「自己家畜化」
ヒトはなぜだか自分から集まる。

大家族が崩壊して、核家族が生まれ、家庭は分散傾向にあるけど

大都市の拡大は別に進む。

土地の有効利用と称して高層アパートを建て、さらに人口密度が上がる。

ヒトは自ら密集するものの、そのうちの何割かが、高密度の生活環境から精神的な圧迫を感ずるらしい。

星、海、山、川、森林、花、鳥、昆虫などを求めて、自然、自然と大合唱する。

休日には高い代価と時間を掛けて遠方へ脱出する。

そこで「癒された」と満足して、また密集地に戻る。

しかし、最終的に大都会を脱出してしまう人は、大都会に集まる人より少ない。

田舎に産業が少なく、生活のためのお金を稼ぐ基盤が弱いという理由もあるが、

私の経験からすれば、人がまばらで、自然にさらされる時間が長いと、

背中が薄ら寒いのである。あんなに憧れた森の緑さえ疎ましくなる。

これはまさしく「大都会依存症」の禁断症状だろうか。

ヒトの集中は、大都会から自然を排除していく

動物も、植物も、その生存が制限され、多くは消えていく。

大気さえ排気ガスと廃熱に汚れ、透明度を失い、ヒートアイランド現象を起こす。

もし、集中がヒトの「自己家畜化現象」の一面として、

あるいは、ヒトの特性として生ずるのであれば、

自然を求めてさまよう人類の姿は誠に矛盾に満ちている。


物事を深く考えるようにするのだが
まわりからはおかしなやつだと思われてしまう
やはりこの社会の流れに刃向うことはやはり厳しい
考えれば考えるほど自分の首を絞めて行っているような気がする
スポンサーサイト
  1. 2016/07/14(木) 18:27:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<27時間テレビ | ホーム | 奨学金>>

コメント

ブログ見てます

私も物事を深く考えるのが好きです。デラさんも私も、そういう生い立ちや理由があったのではないかと思います。
考えるほど自分の首を絞める事はないと思いますよ!、そう思うならもっと考えたらいいと思います!。

読んでみて、同じだと安心感あるし、一旦は矛盾してても何事も経験で学習すると思うし、学習能力も差があるだろうし、私はこの記事の内容は自然で、心配いらないと思いました。

デラさんはおかしくないと思います。
でも、まわりからおかしなやつと思われるのが悲しいのは、誰しも社会的な方が合理的だからと思います。
今は物が豊かなので、さみしいなと思ったら物で埋めるのがオススメですよ!メイプルとか。(-_-)ノ
そこは個人主義、物質主義だと思います…私もさみしいのですが、デラさんを発見してうれしく、コメントしました。

この手の記事、また良い考えがあったら、ぜひ読みたいです!。
  1. 2016/07/16(土) 07:21:03 |
  2. URL |
  3. リブのハヤト #aIcUnOeo
  4. [ 編集 ]

・・・・?!

7年間ブログをかいてましたがこんな経験は はじめてです
応援ありがとうございます
  1. 2016/07/16(土) 12:13:18 |
  2. URL |
  3. でら #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する